スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだったのか・・・

いつも行くお店のオーナー夫妻が 珍しく暇そうにしていたのでいろんなお話をしていました

そんな中でふと・・・

ねぇ・・・お店をオープンするときに 保健所とかの許可取ったりするんですよね

もちろんですよ

その時に ほじょ犬の受け入れについての説明はないんですか?

全くありません

ぜんぜん?

これっぽっちも!

根本的な問題はここからかもしれませんね・・・

スポンサーサイト

感謝です

前から美味しいよと 評判だったお店をやっと見つけて本日ランチに出発

Cafe et Creperie Note (カフェ エクレープリーノート) 

sh-025.jpg

前菜 エビとアボガド
そして主人は ベーコンの・・・ウーン /(-_-)\ 名前を忘れました
しかし 何をいただいても普通だという 自傷味音痴の主人も感動の一品になったようです

そして評判のそば粉のクレープ ガレットコンプレです
なかにはチーズとハムと卵 
いやぁ・・・香ばしくていい卵使っています!という感じ

sh-026.jpg


デザートはりんごのコンポートと 主人はキャラメルソース
満足です

sh-027.jpg

さてさておなか一杯になったところで見回しますと車椅子こそ無理そうですが 盲導犬なら問題なさそうな店内です

あまりの満腹感と 素敵なお店の雰囲気についその場で聞いてしまいました

「こちらのお店ではほじょ犬の受け入れは可能ですか?」

あとで名刺をいただいてからわかったのですが 対応してくださった素敵な女性の店長さんは ほじょ犬に対する知識がほとんどなかったことを素直に伝えてくださり こちら側からの説明に納得してくださり 問題ないです
どうぞいらしてくださいとのお返事をいただきました

HPにての紹介も快く承諾していただき 早速青葉区にてリンクさせていただきました

ほんとうに ありがとうございます
友達からそばクレープが美味しくていいお店だよ
場所は仙台県庁の裏だよ
名前は忘れた・・・行けばわかるよ!だけの情報で 探し続けて約一年
またお邪魔しますね





今日もまた・・・

久しぶりに 盲導犬ユーザーの奥様から連絡が来ました。

また またされちゃった・・・と・・・・

お邪魔したのはこちらのお店です
イオンショッピングモール内にある 中華のブッフェ
http://chibanewtown-aeonmall.com/shopguide/shop.jsp?shopno=48&foo=0

会社は多分
http://buffet.jp/china/menu/index.html

系列でパパゲーノというイタリアンでは 前にお邪魔したときには何も言われずに食事が出来たのになぁ・・・とのこと


今日はお友達3人とユーザーの夫婦、しめて5人でレストランで待ち合わせでした。
最初にご夫妻がが到着して、全員で5人ですので ここで揃うまで待ちますと告げました。

暫くして 全員揃ったことをお店の方に伝えると
「少々お待ちください。いま確認をとっていますから。」

さて・・・何の確認なんでしょう???
イーオンのショッピングモールの入り口には どのお店にもほじょ犬のステッカーが貼られています

そして レストラン側ははっきりと「盲導犬が可能かどうか」とは決して口にしていません。
その言葉に触れることがあたかもタブーのように・・・・・

この店を選んだのは数年前には何の問題もなく食事をさせていただいたので まさか今日ここで拒否されるとは思いもしなかったそうです。

店のマネージャーは不在とかでイーオンの職員まで引き込んでの確認作業です

イーオンの職員も当初は拒否的な態度でした。
胸には24時間テレビ、「愛は地球を救う」のバッジが空しく自己主張していました。

ご夫妻は何度もこういう場面に遭遇しているので お二人だけでしたらそのまま買えることがたびたびあったそうです。 もう激しく対抗する気持ちも持てずにすごすごと諦めてしまったことが今までに何度もありました。

しかし、今日の状況は違っていました。

一緒に行ったお友達が ほじょ犬に対しての対応方法などしっかりと伝えて下さったため お店側もやっと理解を示し店内に通してくれたとのこと

そのときのお友達の言葉一つ一つが 心の芯のところが、本当はジワーッと熱くなり うっかりしたら、熱い涙がこぼれそうになったほどうれしかったそうです


その後 レストラン側は食事中に何度も謝りにきてくださいました。
チェーン店なので上に事例として持ち上げてくださいとお願いしたら 即対応して、全店的に今後このようなことがないようにしますと言いに来てくださいました。

イオンの最初にちょっとだけ顔を見せた男性職員は 深く関わりたくなさそうに静かに姿を消していました。





そして 象徴的だったのは 車椅子の男性がお連れの方と入ってきましたが
車椅子の方は何の問題もなく、エスコートされお席についていました。

障害があっても
車椅子と犬連れでは雲泥の差があるということ。


もしも・・・お友達が一緒ではなかったら・・・またこのご夫妻は車椅子の方を横目に帰られてしまったことと思います

どんなサービスよりも
一番大事にしなければならない 人としてのモラルを優先していただきたいと思います

カレー革命?

近所のとてもお気に入りのカレーやさん
あちゃーるさん

100115_180549-2.jpg


知人とランチによく行くお店で 大事なことを聞くのを忘れていました


ほじょ犬と一緒に来てもいいですか?

もちろんどうぞと 快くお返事を頂きました
早速 泉区のページにリンクです


100115_180608.jpg

棚の中には綺麗なきれいなファイヤーキングです


綺麗なお店

最近携帯の番号が変わったため 名刺も持たずに後悔する事が多々あります

今日ランチでお邪魔した こちらのお店もそうでした

綺麗な店内に綺麗な床・・・
こんなゆったりしたお店に ほじょ犬と一緒にお邪魔できるといいなと 会計時にちょっとたずねてみました

100113_115331-2.jpg


今ここに 例えば車椅子に犬(あえて犬という言葉を使ってみました)を連れた方が見えたらどうします?

するとすんなり
「こちらからの通路なら 車椅子も通れるし ワンちゃんも一緒に歩けると思いますよ」

社員教育として そんなときの対処を習っているのかと尋ねてみると 
外を掃除して居るときに 窓ガラスも拭き掃除をします 
店頭に張ってあるシールを毎日見ているので 何となくそうすることを自分なりに考えていたとのこと

ありがとうと 思わずお礼を言いました
プロフィール

Author:DOLCE
何処にでもほじょ犬と一緒にいられる社会が理想です

私のお店は(できれば飲食店)ほじょ犬 受け入れますよ 知ってるお店は入れるよ!と言う情報を 一杯一杯お待ちしております

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。